タトゥー タトゥーアーティスト タトゥーマシンビルダー タトゥースタジオ 彫師 刺青師 洋彫 和彫 フルスリーブ バックピース 東京 都内 表参道 六本木 渋谷 新宿 歌舞伎町 横浜 川崎 おすすめ タトゥーマシン
  • shopping cart

2021/05/23 02:28


Remember
Tattoos last longer than Romance

初めてのタトゥー…もう自分のカラダに残された肌色は少ないけど、おれにだってそんな初々しい瞬間はありました
初めてタトゥーを入れたその日の事は忘れないものです


自分の大事な一つしかないカラダでしょ?大事にいこう!


ファーストタトゥーのポイント

Stay true =年齢

満19歳以下はタトゥー彫れません

たまーに19歳以下の子達に彫る刺青師もいるけど全員クズ

まだ年端も行かない子供にタトゥーを彫るとかはちゃんとしたタトゥー屋なら世界中どこ行ったってありえません


タトゥーは入れられる年齢になってからにしましょう!

Good tattoos aren’t cheap
 Cheap tattoos aren’t good
=良い刺青は安物じゃない・安物刺青が良いわけない
世界中のタトゥー界に伝わる格言

お腹が空いたら飯を食う - 380円の牛丼も50000円のサーロインステーキも同じ肉料理 - 飯ならそれが不味ければまた別の物を食べればいいけどタトゥーはそうはいきません

タトゥーが欲しい人達=タトゥー・ハングリーズはタトゥーを欲しがりすぎて冷静な判断を失いがちです

タトゥーは生涯カラダに残る / 一針刺したらもう消えない

不味かったからやっぱなし!はない


自分にとってなにがベストか?よーく思案してください


Think before you ink
         彫る前に考えろ

タトゥーは人間の手で人間のカラダに手作業で刻む

刺青師もクライアントも人間同士
そこには人間同士の相性や好き嫌いがあって当たり前
なんの確認もせず”こいつムカつくなー”って彫師に生涯のタトゥーを彫られたら?
タトゥーは針でインクを肌に刺して色素でデザインをカラダに彫り込む行為

その彫師がジャンキーだったり犯罪組織のメンバーだったら?そのインクの中に違法薬物が混ざっていたら?
異論な人がいるのがタトゥーワールドです
同時にスタジオの衛生面の確認も!

HIVやB型肝炎になってからでは手遅れです


そのタトゥースタジオが/彫師が信頼に足るか否か?

自分の目で判断してください
Bold designs will overcome all times

タトゥーはステッカーじゃないから飽きたら貼り替えるとかはない


You dream it,
We tattooing that for you
ここまでがファーストタトゥーの流れです


そして…

深淵を覗く時

深淵もまたこちらを覗いている


You pick ‘em,We stick ‘em

クライアント側がタトゥースタジオをチェックするようにスタジオ側もクライアントを確認しています
それは
”単なる勢いでタトゥーを彫りに来てるか?”
”年齢は達しているか?”
”しっかりとした判断力がある大人か?”
”ドラッグ使用者ではないか?”
”精神疾患者・反社関係者か否か?”
“血液系の疾患者か否か?”←タトゥー屋にとって最も重要

…等々
タトゥーを彫る行為はキッズのお絵描きではない

どこのタトゥー屋でも彫師側は真剣にクライアントのためにベストを尽くしたいと思っている ( はず… )

Loyal to the coil

タトゥーに対する価値観が合わない同士が時間を共にするのお互いのためにならない
タトゥー屋だからエライもないけど代金さえ払えば未成年だろうがなんでも彫ったり、タトゥー代が足りないクライアントにパパ活斡旋したり、違法薬物販売をやらせたりな刺青師を望むならLOYAL TATTOO はそれに該当しません
Passion before fashion
=カッコつける前に情熱だろ

考え方がOld school すぎるといわれようと刺青の本質を時代や日本の忖度社会に合わせるつもりはない

人様のカラダに一生刻まれるタトゥーだからこそ妥協なんか絶対したくない
世の中に迎合した”いつかは消えるクソみたいなホワイトタトゥー”やエステサロンやホストクラブみたいな”お姫様/お殿様扱い”を求めるなら?
= 適材適所 = 世界中にそれ系専門店はたくさんある

Old school tool

ピカピカに磨いた最先端カスタムのクラッシック・スーパーハーレーってかっこいいじゃん?

=適材適所= 

LOYAL TATTOO はピカピカに磨いたオールドスクールな情熱と最新テクノロジーの融合で世界基準のタトゥーを追求する本格派のタトゥー屋でいきます



最後に…
タトゥー屋に行く時は風呂入って全身清潔にして来ていただきたい!特に夏場!こっちだってお前くせーから嫌だとか言いたくない!女の子にはそんなことも言えないから対処に困ります

彼ら/彼女達は全員めちゃくちゃ清潔です!

消毒する際に肌をアルコールで拭くけどひと擦りで垢がボロボロ落ちるような汗まみれの臭い肌なんか誰も触りたくないでしょ?

野郎どもの中にはパンツにうんこ付いてる奴もいる…
ケツ毛にうんこ絡まってんのかしらんけどよ…おれはそこから教えてやんなきゃならんのか?
そーゆーキモイバカに限って特別扱いしろ!だの金払ってるから客だの、常識がどーだとかうるせーんだ

日本人っていつまで経っても “ お客様は神様精神 “ が抜けないけど、神様には福の神も貧乏神もいる
うんこ臭い貧乏神なんかに来られても迷惑なだけだし、勘違いしたブス女なんか触りたくもない
タトゥー屋は肌と肌を突き合わせる場所

最近の日本人は”タトゥーを認めないなんてクソ!”とかいうけど、それを求める側だって”風呂入ってから来い”とか説明されないとわからない知的レベルの奴が実在してしまう
同じ日本人として恥ずかしいけどそれも仕方ない!

昭和平成時代の百年間、日本にはアートカルチャーとしてのタトゥーは浸透していなかったのだから!

新しくTATTOO LOVERSになる良い子達は
そーゆーとこからタトゥーを好きになって欲しいです