タトゥー タトゥーアーティスト タトゥーマシンビルダー タトゥースタジオ 彫師 刺青師 洋彫 和彫 フルスリーブ バックピース 東京 都内 表参道 六本木 渋谷 新宿 歌舞伎町 横浜 川崎 おすすめ タトゥーマシン
  • shopping cart

2022/12/16 03:02


2022年からずっとこの刺青に取り組んでいます


LOYAL TATTOO / 刺青師伊彫

初・和彫にして初めての総身彫

    不動明王 + 倶利伽羅九紋龍


不動明王とは

五大明王の一つ

迦楼羅の大火炎の中で倶利伽羅剣と縄を持っている。大日如来(だいにちにょらい)が悪魔・煩悩の調伏のため怒りの相を表したもの。煩悩の限りを尽くす悪鬼羅刹を打ち払う様をしている


らしい…ふむふむ…ってことは…


おっさん激おこぷんぷん丸

憤怒の炎が迦楼羅と化して

怒りのままに悪餓鬼を踏み躙り

宝剣でしばき倒すの図ってことです

おっさんやりすぎやろ

パクられんで

九紋龍史進「 小説・水滸伝 」の登場人物


宋の反乱軍の首領・史斌をモデルとして創作したとされる精悍な美丈夫な男 上半身に九匹の龍の刺青があるため、その渾名が九紋龍


LOYAL TATTOO 的新解釈で

その龍を倶利伽羅龍にしてしまう

不動明王が右手に持った燃え盛る剣に巻き付いた龍 - その炎は迦楼羅 - 炎を発する大鳥で仏教の守護神 



目指すは

背中に不動明王を背負った

実写版リアル九紋龍史進


+++ design / デザイン


不動明王のおっさんはおしゃれ

ド派手なアジアン紋様の服を重ね着して、髪型はドレッドのロン毛、アクセサリーもじゃらじゃらして、おまけに持ってる宝剣は倶利伽羅龍剣で迦楼羅の炎まで纏ってる… RPGの終盤でやっと見つける超レア物のアレです


+++line work / 筋彫り


これまでのLOYAL TATTOO の作品と和彫は使う針もインクも違う - 当然彫り方も違う -  ”タトゥーと刺青ってなにが違うの?”とよく質問されます


TATTOO =刺青の英訳の意

と、単純に括れない様々な違いがあります

TATTOO と日本刺青の融合 - 和魂洋才 -

——————-“伝統は伝統なんだから変えるな”


多くの日本の伝統的なクリエイション世界の先人達はそう言います - おれも伝統は伝統なんだから変える必要はないと思います

LOYAL TATTOO が狙うのは”和魂洋才”

そもそも混血児のおれに日本伝統刺青なんかできるわなけない - そんなもんDNAからして違うんだから絶対無理 - そこは由緒正しい日本伝統刺青の大先生方にお任せしとけば安心です


おれがやるべき和彫は…西洋タトゥーの技術やセンス、最新のテクノロジー + 日本的紋様と日本伝統刺青の材料や刺青針、そこに己のセンスで混ぜ合わせたアジアの中の日本刺青 = アジアンアートの香りがするジャパネスクタトゥー


LOYAL TATTOO だから出せる風合いを目指したい

そもそも不動明王ってその象徴みたいなおっさん


良い歳こいたおっさんが髪の毛ド派手なドレッドヘアにして、燃え盛る刃物振り回しながら、新宿渋谷六本木あたりのキメセク大好きの悪ガキ達をとっ捕まえて


”てめー会心しないとぶっ殺すぞ!”って怒り狂ってる笑

実社会にこんなおっさんいたら気が狂ってるわ


そう言われる覚悟を持って、このおっさんは大日如来のお巡りさんにパクられる覚悟で信念を貫いてる


不動産屋の若手社長の背中に不動明王の刺青ってのも

プロジェクトスタートから背中完成まで一年

両足完成までにさらに一年


そこから両胸両腕でさらに一年…で完成するのかどうか…

費用だって◯百万円なんか余裕で飛び出てる


そのヒリヒリした覚悟 - 刺青師冥利に尽きる

刺青世界の格言


彫師はお客さんに育てて頂いてる

お客さんの一生に一つしかない大事なカラダに

我々は刺青を彫らせてもらえるから遊んで飯が食える

彫師なんざ究極の遊び人ってのは恐竜時代からずーっと変わらない - おれらはお絵描きして飯食ってんだぜ?お絵描きなんざ童の遊びじゃねーか?

だからおれたち刺青師は
童が目ん玉ひん剥いて真剣に遊ぶみてーに
昼夜忘れてぶっ倒れるまで遊び呆けにゃならん
彫師はどんぶり(総身彫)十人前喰ってやっと一人前


お客さんに総身彫を任せてもらえない彫師なんぞ一人前の遊び人にすらなれちゃいない

自分一人の才覚だけではその領域に到達はできない

他人様の人生◯◯人分の痛みと銭

その積み重ねの上で我々は飯を食い、寝て、昼夜忘れて遊び呆けて生かして頂いてる

自分一人の才覚だけで

一人前の刺青師になれるわけがない

そのデザインがどれだけ多様化 / タトゥー化しようと

そのお客さんが若くても年寄りでも、男でも女でも

時代が変わろうと、どれだけ流行りの綺麗事を並べようと

カラダに刺青針で墨を刺せば痛い ( たまに痛くない変人もいる ) それを承知でお客さんが持ち込んでくる “ 覚悟 “と、それを受け止める刺青師の “ 心意気 “


変えてはならぬ




そーゆーことぜよっ!